シャドーイングが苦手な人へ!口が回らない原因2つと3ステップの対処法

英語学習に効果的だと話題の「シャドーイング

やったほうが良いのは分かっていても、

シャドーイングって結構むずかしいですよね。 

思うように口が回らなかったり、

言っていることの理解が追いつかなかったり。

そしてだんだんイライラしてきてやめてしまう・・(苦笑)

 

シャドーイングを「楽に」「楽しく」やりたい、というのが

シャドーイングで苦戦する皆さんの願いではないでしょうか?

 

今回の記事では、シャドーイングが難しいと感じる

2つの原因と、3ステップの対処法をご紹介します♪

 

この記事を読めば、シャドーイングを楽に楽しく実践し、

英語力をみるみる伸ばす方法がわかるようになりますよ!


シャドーイングで口が回らない2つの原因

 

シャドーイングで舌が回らない原因は、大きく分けて2つ。

 

  1. 教材のレベルがあっていない
  2. 音のつながり(リンキング)を意識していない

 

順番に説明していきます!

 

1. 教材のレベルがあっていない

 

シャドーイングは、英文と音声さえあればできるので、

どんな問題集も教材になり得ます。

しかし、レベルが高すぎれば、ついていけません

 

レベル選びで注意する点は3つ

  1. 英文のレベル(軽く目を通して大まかに理解できるかどうか)
  2. 音声の速さ(音声が自分にとって速すぎないか)
  3. 英文の長さ(100語程度が適切)

 

教材を選ぶ際には、ぜひ意識してください♪

 

2. 音のつながり(リンキング)を意識していない

突然ですが、以下の3つ、ネイティブならなんと発音しますか?

“that I”、 “and I”、 “but I”

 

正解は、「ダライ」「エナイ」「バライ」

ネイティブはアルファベットをつなげて発音するため、

このような発音になります。

 

この「音のつながり」を日本人が知らずに、

「ザットアイ」「アンドアイ」「バットアイ」と認識していると、

シャドーイングで対応できません

 

さらにはこのことによって、リスニングも聞き取れないことに。

 

シャドーイングをする際には「音のつながり」を意識

しながら取り組むようにしましょう。

 

シャドーイングでのイライラを脱する3ステップの対策

 

シャドーイングで口が回らない原因をふまえ、

次はシャドーイングができるようになる方法を3ステップでご紹介します。

 

  1. 発音を学ぶ
  2. シャドーイングの前に音読をし、スピードを上げる
  3. シャドーイング音声の速度を徐々に速めて練習
  4.  

    1. 発音を学ぶ

    先ほどの原因であげた「音のつながり」を洗い出します。

    音声を聞き、どの部分がつながっているのかを書き出しておきましょう。

     

    2. シャドーイングの前に音読をし、スピードを上げる

    シャドーイングに取り組む前に、まずはストップウォッチを準備!

    できる限り速い速度で音読をし、練習しましょう。

    なんども時間をはかり、速度をあげていくことで

    自信にもつながります♪

    ゲーム感覚になり、楽しく取り組めますよ!

     

    3. シャドーイングの速度を徐々に速めて練習

    まずは音声の再生速度を遅く(0.5倍速くらい)設定し、練習。

    ついていけるようになったら、通常の1倍速で練習。

    さらにいけそうなら、1.5倍速など速いスピードにも挑戦!

     

    2倍速くらいでやると、

    ネイティブの早口が聞き取れるようになります!

     

     

    まとめ

     

    シャドーイングで口が回らない原因は2つ

    1. 教材のレベルがあっていない
    2. 音のつながり(リンキング)を意識していない

    原因を踏まえた、3ステップの対策法

    1. 発音を学ぶ
    2. シャドーイングの前に音読をし、スピードを上げる
    3. シャドーイング音声の速度を徐々に速めて練習

     

    シャドーイングに悩むみなさん、ぜひやってみてください!

    3ステップの対策法、実践すれば、

    シャドーイングを難なくこなせるようになります♪

    ともなって、

    リスニング力や発音・イントネーションもみるみる向上しますよ♪

     

     

    シャドーイングを正しい方法で習慣化したい方へ

     

    今回の記事ではシャドーイングを効果的に取り組む

    3ステップの方法を紹介しました!

    しかし、適切なレベルの教材を選び、

    自分で音のつながりを書き出し、音声のスピードを調し・・

    って、結構な手間ですよね。

     

    そんなみなさんにぴったりの教材が

    ”maho shadowing club” です♪

    シャドーイングに特化した教材に

    毎日携帯一つで取り組むことができます!

     

    適切な長さ

    面白い内容の英文

    3段階の速さの音声

    ・音のつながりやアルファベットの発音の丁寧な解説動画

    1日たったの5分間の継続で効果が出やすい

    その他にもシャドーイングを発話に繋げるための教材を多数ご用意!



    インスタグラムでも、発音や発話力アップにつながるコンテンツを日々配信中♪